現金化の手順とリスク

カード現金化比較≪2019年おすすめ人気優良店≫

現金化の手順とリスク

読了までの目安時間:約 3分

 

どうしても今現金が欲しいという状況に追い込まれた場合、どうしますか?カードキャッシング、消費者金融、物品の買取等があると思います。

 

でも、カードの枠がいっぱいで身の回りに売却出来るものも無かったとしたらどうでしょう?さらに、友人や家族に頼ることも出来ない場合、クレジットカードの現金化という最終手段があります。クレジットカードの現金化とは、クレジットカードにあるショッピング枠の金額を現金として手に入れることを指します。では、ショッピング枠を現金に換える有効な手順とリスクを説明します。

 

基本的な手順は、カードで何か品物を買い、その品物を誰かに買い取ってもらうという単純なものです。

 

家電製品や金券など、買取が比較的容易な品物がベストです。よく利用する金券ショップがあれば、そこで素直に「現金化をしたいのだけど、○万円なら何がいいですか?」と相談しましょう。

 

ショップ側からすれば、金券や切符類のその時の相場や在庫率、人気を良く知っていますので、回答はすぐ得られます。とある経路の新幹線の切符や回数券等、教えてもらった切符をカードで購入し、品物をショップに買い取ってもらえば完了です。

 

しかし、やはり問題はあります。現金化という行為はカード会社から禁止されているということ。カードで何かを購入した場合、使ったお金をカード会社に支払うまでその品物はカード会社の所有物になります。それを勝手に売却したら問題があるということは分かると思います。

 

その後すぐに一括で返済出来るならそれまでの間びくびくするだけで済みますが、この行為は自転車操業に陥りやすいということも頭に入れておいた方がいいと思います。繰り返し現金化を行い、その結果、転売目的で物品を購入したことがカード会社に知られてしまったらカードを停止されてしまいます。とにかく他に方法はないかよく考え、それでも方法が無い場合の最終手段として考えるのがいいでしょう。

カード現金化比較TOP

 

関連記事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る