無くした時のリスクを考えると

カード現金化比較≪2019年おすすめ人気優良店≫

無くした時のリスクを考えると

読了までの目安時間:約 3分

 

全国基本どこでも使えるようになったクレジットカード。国内はもちろん海外でも便利ですよね。ネットショッピングもクレジットカードがあれば振込手数料や代引き手数料もなく決済が早いのも魅力的ですよね。

 

また最近ではスーパーやコンビニでもクレジットカードが使えます。おつりの小銭をばらまくという事もなくなり、本当に便利な世の中となりました。さらには、現金で買うよりもポイントが着くというメリットは、買いものした上にさらに景品が手に入るという至れり尽くせりなサービスはカード会社の客を奪い合う作戦の大事なセールスポイントとなっているようです。

 

外国人が驚くのが日本人の現金所持率。お店で買う際に財布を出し、一万円を出し普通に買い物する光景。日本ではあたりまえですよね。しかし、海外で100ドル札を出せば偽札と疑われる事があるくらい外国では現金を所持しない国が多いです。また財布を落としたときのリスクをよくよく考えれば現金を持ち歩かないことが正解といえることは明らかです。

 

クレジットカードは紛失して、拾われた相手に使われたしても保険がついていることがほとんどです。(※カード会社によって保証内容もちがうの入会の際の詳細確認は忘れずに。)そのため使われた金額もカード会社で保証されるなど、リスクが少ないのです。

 

しかし現金は使われてしまったら、戻ってくる事はありません。また足跡も残らないので、犯人にとっては好都合のものと言えます。なので持っていると狙われるという確率が高いのも納得ですよね。また現金をちらつかせる行為は事件を起こす発端ともなるのです。

 

平和ぼけをしている日本国内で暮らす日本人。世界各国を探してもここまで平和な国はあまり見当たりません。観光客など世界中から日本を訪れる人が増えてきた今現在、考えを変えなければ行けない時期かもしれません。しかし、クレジットカードにはマイナス面もあります。現金を手にしない事で、お金を使うと言う実感がなくなってしまったり、計画無しに使ってしまって引き落としの際に残高不足になったりとトラブルも多々あります。クレジットカードを使う時は計画的に、また使った物はきちんと管理し支払日をきちんと守って使う事が大事です。

カード現金化比較TOP

 

関連記事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る