クレジットカード現金化について

カード現金化比較≪2019年おすすめ人気優良店≫

クレジットカード現金化について

読了までの目安時間:約 4分

 

皆さんは「クレジットカード」をお持ちでしょうか。

 

クレジットカード(Credit card:信用のカード)とは、商品購入の際に使える支払い手段の一つです。その入手のためには厳しい審査を通過する必要がありますが、それを通過すれば契約者番号などが記載された立派なカードが手に入ります。

 

そんなクレジットカードの最大の特徴が、「分割払い」です。通常「購入額の後払い」のために利用されるクレジットカードですが、分割払いを選べば大きな買い物も安心してできます。支払い終了までに時間はかかりますが、月々の出費を抑えつつ大きな買い物ができるのは嬉しいですよね。

 

ただクレジットカードで無制限に買い物ができるか、と言えばそんな事はありません。各クレジットカードには「ショッピング枠」が定められており、そのショッピング枠を超えた額での買い物はできません。
とは言え、なかなか「ショッピング枠を使い切る」という事は日常生活では稀です。となるとそのショッピング枠、余らせておくのはなんだかもったいなくありませんか。
そんなショッピング枠を有効活用する手段として今注目されているのが、「クレジットカード現金化」です。クレジットカード現金化とは、以下の手順によって「ショッピング枠を現金化」する行為を指します。

 

・クレジットカードを利用して商品を購入
・購入商品を未使用のまま高い売却額で売却
・売却額を現金として入手

 

以上の行為により、利用者は「無審査で現金を入手」する事ができます。しかも現金入手にあたって信用情報が傷つく事もありませんから、クレジットカード現金化は極めて有用なのです。
そんな有用なクレジットカード現金化ですが、以下のように2パターンの方法があります。

 

・自力で転売する
・現金化専門業者を利用する

 

上記の2パターンの方法は、どちらにもメリット・デメリットがあります。クレジットカード現金化の際には、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。
それでは以下で、2パターンの方法を比較していきます。

 

比較1:手続きの速さ

 

現金化の手続きが速やかに終わるのは、「現金化専門業者を利用する」場合です。業者が古物商の資格を持っていれば、購入と同時に売却も手続き可能だからです。
一方、「自力で転売する」場合にはその分、現金化までに時間と手間がかかります。

 

比較2:換金率の高さ

 

クレジットカード現金化の換金率は、一般的に「80%が上限」とされています。そのため「現金化専門業者を利用する」場合には、換金率を80%以上にする事は難しくなります。
一方、「自力で転売する」場合には商品・買い取り店をリサーチして選ぶ事で高い換金率を達成する事も可能です。自力で転売する場合には創意工夫によって、換金率を上げる事が可能なのです。

カード現金化比較TOP

 

関連記事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る