カードのショッピングを現金化する際に気をつけるべきこと

カード現金化比較≪2019年おすすめ人気優良店≫

カードのショッピングを現金化する際に気をつけるべきこと

読了までの目安時間:約 4分

 

カードのショッピング枠現金化の際、気をつけることは大きくわけて2つあります。

 

まずひとつめは、カード会社に気付かれずに、ショッピング枠を現金にすることです。

 

カード会社も暇ではないので、そうそう現金化がばれることはありませんが、(つまりその点では安心ですが)いちおう気を付けておくにこしたことはありません。

では、いったい何をすれば、カード会社に気付かれずに、カードの枠を現金に換えることが出来るのでしょうか。

この答えは実に単純です。
換金率が極めて高い、新幹線の回数券などの金券ものを買い占めなければいいのです。

 

金券を買い占めて売る、これがいちばんてっとり早い現金化の方法であることは間違いありませんが、新幹線の回数券ばかり買っていると、「この人はなんでこんなに回数券ばかり買っているのか」と勘繰られてしまい、
目をつけられてしまいます。
ですので、カード会社に目をつけられたくなければ、回数券や金券をカードで買うのはほどほどにしておきましょう。

 

基本的に、その点さえ気を付けておけば、ショッピング枠を現金化していることがカード会社にばれることはまずないので、安全にカードを現金化したいなら、ここだけは注意しておきましょう。

 

金券や回数券をあまり買わない、これがカードを現金化する際に気をつけるべきことのひとつですが、これと同じくらい気をつけるべきことがあります。

それは、現金化の際に換金率を出来るだけ高めることです。

 

業者を使って現金化するにしても、自分の力で現金化するにしても、換金率は常に一定というわけではありません。

 

同じ業者を延々と使い続けるなら話は別ですが、そうでないなら、換金率は変わり続けます。

 

この換金率を出来るだけ100%近くに引き上げることが、効率よく現金化するためには必要です。
ではどうすれば、換金率をそこまで引き上げられるのでしょうか。

そのために必要なことは、オークションの活用です。

 

オークションをうまく使えば、(売る商品にもよりますが)100%近い換金率で物を売ることが可能です。
ですが、オークションで物を売る際、手数料を取られるので、実際手元に来る現金は、売れた金額より少なくなります。

 

高額換金を成し遂げるためには、この手数料を出来るだけ減らすことが何よりも大切です。
ですので、ポイントサイトを通じて出品する、各種キャンペーンを使うなどして、出来るだけ出品手数料として取られるお金を減らしていきましょう。

 

カードで回数券や金券を買い占めない、各種キャンペーンを使うなどして、取られる出品手数料を出来るだけ減らす、この2つの注意点を守れば、効率よく安全にカードのショッピング枠を現金化することが出来るでしょう。

カード現金化比較TOP

 

関連記事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る